【後編】ロートアイアンを使ったデザインは可能?オーダーメイド品の製作や納期についても解説します。

みなさんこんにちは!

タカです。

 

前回、メタルクリエイト様の承認図を確認し、ロートアイアンの仕上がり寸法を確認しました。

本来、このタイミングで発注するのですが、今回は先に解体工事を行います!

今回は工期が3期に分かれており、先に解体工事ができたんですね。

 

前回ブログの計画どおり、壁を解体していきます。

慎重に解体後、開口寸法を測って、ロートアイアンを発注します。

 

そしてここから、エイジング塗装を行うことで

壁の表情がグッと良くなります。

奥の壁のタイルや空間全体のテイストにマッチしました!

無事にロートアイアンも納まり、ひと安心です。

 

 

それでは、before → after です。

視界が抜けて、スッキリしましたね!

ご拝読ありがとうございました!

関連記事

  1. afrodite / OSAKA
PAGE TOP