意味が違う半個室サロン 半個室美容室の設計デザイン

どうも。N野です。

 

主流になっていた

 

「仕切り」

 

コロナウィルス対策やフリーランス美容師さんの獲得のしやすさ、お客様のプライベート空間の保守から

美容室でも3年前から「半個室サロン」が流行り出した。

今回のお題は10坪のテナント。

なんの特徴も付加価値もない約33平米のテナントをどう魅力的に発展させるかを考える。

 

〜ながら。のデザインとはプロダクトデザイン的思考。

 

機能に美観を持たすことをデザインと捉えて、仕切りとお客様のお荷物お預かりスペースを合体!!!

することでお預かり用ロッカー自体の寸法と動線確保寸法をカット。

自分の中で何か答えが出ました。

 

内装デザインは名脇役をどの位置に使うか。

連続ドラマでいうと佐藤二郎さんをどのシーンで出すか

渡辺いっけいさんをどの役で使うか。みたいな感じ。

今回のサロンデザインでは主役は仕切りの5mmの溝や素材の扱い場所、リズム感や「弾き感」です。

全ての材や浮きシロを20に統一し、繭ペンダントの丸の中に丸がまだある奥ゆかしさ、継ぎ目のない面。微弱な艶のロッカー。

 

そんなこと

パッと見ただけでは誰も気づかないし興味もないものです。

 

そこを配置や出番順やさりげない演出で、室内に人が馴染んでいくデザインでなる。

 

よく僕といえばド派手好き。無茶しがちなデザイナーなイメージがあるようですが、

名脇役型デザイナーにもなれる引き出しがある。

 

そう自信を持てた半個室美容室の設計のお話でありましたが「ものに溢れた時代。これからは雑貨に力入れなあかん」

 

と自社スタッフに言ったのに自分は3つで300円のロッカー用ハンガーを買って撮影をしました。

 

 

 

では。

関連記事

  1. La fith hair Glanz / KYOTO
PAGE TOP